about

小粥 千寿 おがいちず

【プロフィール】
1979年静岡県浜松市生まれ。
2002年京都大学総合人間学部人間学科卒業。生活空間構造論専攻。
地理学的視点から都市空間と人間生活の関わり、都市間・地域間構造について研究。
大学卒業後は航空会社、証券会社に勤務。経理・財務関係の部署で決算や経理業務に従事。
2007年9月よりオランダ・デザインアカデミーアイントホーフェンへ編入。
コンセプチュアルデザインやリサーチをベースにしたデザインを学ぶ。
在学中、FLOCKS (Christien Meindertsma)にてインターン。
2010年12月、デザインアカデミーアイントホーフェン Man & Activity 学科卒業。
2011年より、静岡県浜松市を拠点に活動。

【現在の活動内容】
現在(2018.6)はデザインをベースに、以下のような活動をしています。

1. リサーチ デザイン
「流域」や「食」をテーマに、独自のリサーチを行い、
プロダクト・展示(インスタレーション)などとして発表しています。

2. グラフィック&ウェブ デザイン
企業やショップ、アーティストなどからのご依頼による
ロゴマークやパンフレットなどのグラフィックデザイン、ウェブサイトのデザイン・制作を手がけます。
見た目のデザインだけでなく、コンセプトのブラッシュアップや文章の執筆・リライト(3.)なども担当します。

これまでの制作実績(一部)はこちら
*諸事情により、掲載していないものもあります。

3. 取材・文章執筆・編集
・ご依頼いただいたパンフレット・ウェブサイト用など・・・
依頼主との対話に基づき、想いやサービス内容などを整理して文章化。
これまでの経歴を生かし、客観的な視点をもって第三者に伝わるように表現する
「フィルター」のような存在になれたらと思います。

・ウェブマガジンなど、メディア向けの取材・執筆等・・・
デザインやアートの分野だけでなく、私自身が特に興味のある食や環境などの文章も担当します。

4. 大学講師
2017年度より京都市立芸術大学 美術学部 デザイン科 プロダクト・デザイン専攻 非常勤講師。
3回生向けに、リサーチを生かしたプロダクトデザインの実習を担当。

5. ギャラリー運営
夫であり、一級建築士である天野寛志とともに「ギャラリーあ」の企画・運営にたずさわっています。
ギャラリーあでは、「生活に寄り添う、良質なもの・愛着を持てるモノやコトを紹介する」というコンセプトのもと
家具やインテリア、アート、写真、食など、暮らしに関することをテーマとして取り扱っています。

 

 

【受賞歴】
2011年 ワイスワイス にっぽんの木100年家具コンペティション 審査員特別賞
2012年 復興支援 東北材デザインコンペティション 佳作
2012年 グランシップアートコンペ グランシップ賞
2014年  浜名湖花博 花みどりアート回廊にアーティストとして参加
2015年  「Scale No.50」ウッドデザイン賞ソーシャルデザイン部門受賞

 

 

Chizu Ogai

Born in Hamamatsu, Japan (1979).
Bachelor degree Kyoto University, Integrated Human Studies (2002.3).
Work experience in airline industry and financial industry (2002-2007).
Move to the Netherlands to study industrial design at Design Academy Eindhoven (2007.9).
Internship at FLOCKS (Christien Meindertsma) (2010.2-5).
Bachelor degree Design Academy Eindhoven, department of Man & Activity (2010.12).
Currently lives in Hamamatsu and work as a freelance designer.
Co-producer and director of [Gallery-A] in Hamamatsu.